アパアプリ

出張中のストレス解消法 長期間でも快適に過ごす息抜き・準備のコツ

空室検索

出張先でできるストレス解消法!長期間でも快適に過ごす息抜き・準備のコツ

出張は慣れない場所で仕事をしなくてはいけないため、心身ともに疲れるものです。出張が頻繁にあったり、長期出張が続いたりしている方は、気づかないうちにストレスが蓄積しているかもしれません。今回は、出張先でできるストレス解消法をメインに、長期出張でも快適に過ごす息抜き法や出張準備のコツもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

長期出張がストレスを招く理由

長期出張がストレスを招く理由として、慣れない職場環境や食生活の乱れなど、さまざま原因があります。ここではそれぞれ詳しく解説します。

慣れない職場環境・人間関係

出張中は、慣れない職場環境に入って作業を進めます。普段接している社員や上司とは離れ、人間関係もがらりと変わるため、緊張からストレスを感じることも多いでしょう。また、自分の職場と出張先の職場との異なる企業文化に戸惑うことも。いつも以上に相手への気遣いが必要となり、ストレスが溜まりやすい環境といえます。

普段と異なる生活環境

出張中は、ホテルやマンスリーマンションなどへの滞在が多く、生活の環境も普段と異なります。ベッドや枕などの寝具が変わると、ぐっすりと眠れない方も多いのではないでしょうか。また、ホテルの浴室はユニットバスが多く、毎日簡単にシャワーだけで済ませてしまうと、疲れが完全に取れない一因に。

食事や生活の乱れ

出張中は自炊が難しいため、外食やお弁当などに頼る生活が続きます。普段しっかり自炊している方や家族に食事を作ってもらっている方にとっては、食生活にストレスを感じることもあるでしょう。また、気が張る環境が続くと、心身ともに落ち着かず生活バランスが乱れてしまう恐れも出てきます。

知り合いがいない

知らない土地で1人過ごすことが多くなる出張中は、寂しさからもストレスが溜まります。とくに普段家族と同居している方の場合、急に話し相手がいなくなってしまうのが辛いところです。出張が長期化すればするほど、家族や友人と会える時間が少なくなるため、ストレスが増長する恐れもあります。

出張の際に
ストレスを溜めないコツ

  • 休日の使い方を工夫する
  • できる限り普段と同じ生活環境を作る
  • 自分なりの息抜き方法を見つける

出張先へスーツをたたんで持って行く場合は、できる限りしわになりにくいたたみ方で収納することがおすすめ。ジャケットやパンツ、スカートのアイテムごとに、たたみ方のコツがあります。3つのアイテム別に、たたみ方のポイントを押さえておきましょう。

それでもストレスが溜まる場合、自分なりの息抜き方法を見つけましょう。ストレスの発散方法が分からない!という方も安心してください。次の章では、出張先でできるストレス解消法のコツを紹介しますので、自分に適したものを探してみてください。

出張先でできる
ストレス解消法5選

業務時間終了後や休日を上手に活用して、ストレスを溜め込まないよう工夫するのが大切です。自分なりのリフレッシュ方法を取り入れて気分転換をしましょう。ここでは5つのポイントに沿って詳しく解説します。

オンとオフの境界を明確にする

長期出張では、オンとオフの切り替えが重要です。その境界が曖昧になると、ストレスが溜まりやすい状況に陥ります。オンである「仕事時間」と、オフである「プライベート時間」は、はっきりと区別しましょう。終業後は、ホテルですぐにシャワーを浴びて私服に着替えるのがおすすめ。また、プライベート時間に楽しめるものを持っていくのもよいでしょう。

滞在先周辺を散策する

出張先と滞在先の行き来だけの生活になっている方は、滞在先周辺の散策をおすすめします。知らない土地の景色や街並みを見るだけでも観光気分になり、よい刺激を受けられるでしょう。また軽い運動にもなって一石二鳥です。できるだけ外の空気を吸って、滞在先にこもり切りにならないよう心がけてください。

ご当地グルメや名物を楽しむ

食べることが好きな方は、その土地ならではのグルメや名物を味わうのもおすすめです。お酒が好きなら、地域限定のお酒を楽しむのもよいでしょう。食事をする際には栄養バランスを意識すれば、外食続きの体の負担を軽減できます。出張中の食事に関しては、別途「食事代」が支給されるわけではないため、自分のお財布と相談しながら、食事の時間を楽しみましょう。

休日に運動や趣味の時間をつくる

普段から運動しているアクティブな方は、滞在先近くのジムに行ってみるのもおすすめです。出張中の休日を有効活用して、積極的に身体を動かすとよいでしょう。運動時間を確保することが難しい場合は、滞在先周辺をジョギングしてみるのもストレス発散の1つです。インドア派な方は、カフェで本を読んだり、周辺の新しいお店を開拓したりするのもおすすめです。

休日に運動や趣味の時間をつくる

知り合いがいない地域への出張の場合、職場以外での話し相手がいないためストレスが溜まることもあります。電話やビデオ通話などを活用して、家族や友人と話す時間を作るとよいでしょう。その日にあった出来事や仕事の相談など、親しい人と話すだけでも気分転換につながり、孤独感も和らぎます。

出張中もストレスフリー!
持ち物の準備のコツ

出張中もストレスフリーでいるために、持ち物の準備もしっかりしておきたいもの。ここでは3つのポイントに沿って、それぞれ詳しく解説します。

持っていくアイテムの優先度を考える

まずは、「必須のもの」「長期滞在時にあると役立つもの」「現地調達できるもの」など、持ち物の優先順位を整理しましょう。

たとえば「必須のもの」には、仕事で必要なPCセットやスーツ一式、名刺をはじめ、生活に必要な下着や洗面用具、身分証明証などが挙げられます。また、男性の場合、ひげそりやネクタイ、女性の場合は予備のストッキングやメイク用品などが必要です。長期滞在時には、洗濯用品やハンガーがあると便利です。荷物を少なくして身軽に動きたい場合は、ホテルにあるものや現地で購入することも視野に入れましょう。

【出張の持ち物について】
必須の持ち物
【仕事のアイテム】

交通機関のチケット、腕時計、スーツ一式、PCセット、仕事の資料、名刺、筆記用具、社内携帯電話・充電器、手土産 など

【生活のアイテム】

下着、洗面用具、衛生用品、個人のスマホ・充電器、財布、薬、身分証明証 など

男女別の持ち物
【男性】

カミソリ、シェーバー、シェービングフォーム、ネクタイ(複数)など

【女性】

ストッキング(複数)、たためるフラットシューズ、ヘアセット用品、化粧品、生理用品、室内用防寒着など

長期滞在であると便利な持ち物

プライベート用の服、洗濯グッズ(洗剤、ハンガーなど)、モバイルバッテリー など

使い慣れているアイテムを準備する

出張先でストレスなく快適に過ごすために、生活空間を普段と同じ雰囲気に近づけることが大切です。たとえばパジャマでいえば、大体滞在先のホテルに置いてあるアイテムですが、普段着慣れているものの方がリラックスできるでしょう。「このアイテムは使い慣れているものがいい」などこだわりがあるものは、持参するのがおすすめです。

リフレッシュアイテムを持っていく

アイマスクや耳栓、香りが好きな方はアロマグッズなど、気分をリフレッシュできるアイテムを持っていくとよいでしょう。職場と滞在先の往復になるほど忙しくても、ホテル内で簡単に気分転換ができます。かさばらずに持ち込める携帯用のマッサージグッズもおすすめです。荷物が増えすぎたりしないよう、アイテムのバランスを考えて持っていくようにしてください。

アパホテルは出張のストレスもリフレッシュできる設備が充実!

出張時にストレスを溜め込まないポイントとして、生活環境=滞在先選びが大切です。出張時の宿泊におすすめなのがアパホテル。お客さまが出張中も快適に滞在できるよう、客室やホテル内に充実した設備をご用意しております。

  • アメニティ完備
  • 2種のオリジナルまくら(※)
  • オリジナルベッド(※)
  • 大浴場・天然温泉浴場・サウナを完備(※)
  • マッサージ取次サービス(要予約)(※)

※ホテルによりサービスの有無や導入している設備の種類が異なります。

枕やベッドが変わると眠れない方でも安心の睡眠環境が整っています。2種のオリジナル枕や快眠を追求したベッドで雲の上のような寝心地をぜひ体感してみてください。館内に大浴場、天然温泉浴場、サウナなどを併設しているアパホテルもあります。極上のお湯につかれば、出張のストレスもリフレッシュできます。これから出張のご予定がある方は、ぜひアパホテルをご利用ください。

アパホテルアメニティはオンラインでも販売しています。寝具など一部商品はアパホテル会員限定で10%オフとなっておりますので、ぜひご利用ください。

ストレスを軽減して出張先でも快適に

今回は出張先でできるストレス解消法をメインに、長期出張でも快適に過ごす息抜き法や出張準備のコツをあわせて紹介しました。出張中は慣れない環境や知らない土地で、自分でも気づかないうちにストレスが溜まってしまうものです。長期出張では、なおさらその傾向は強くなるため、ここで紹介したストレス解消法をぜひ実践してみてください。自分に合ったリフレッシュ法でストレスを減らし、快適な出張にしましょう。

アパホテルの法人向けプラン「アパ直Biz」なら、出張管理も簡単にできます。出張の予定がある企業様は、ぜひご活用ください。

≫法人契約「アパ直Biz」についてはこちら≪

この記事の監修

アパホテル株式会社


◯事業内容
ホテル事業 頂上戦略として都心3区(千代田区・港区・中央区)を中心に客室1万室の新規事業展開を目指し、更なるブランド強化を図ります。また、1,000万人を突破したアパカード会員を背景に、全国のネットワークを強固するとともに、くつろぎと洗練さをあわせ持つ「新都市型ホテル」や地方ホテル再生、フランチャイズ等で積極的に事業を拡大しています。

その他特集記事一覧

空室検索
ホテル一覧

宿泊予約

小学生
高学年
低学年
未就学児
食事・寝具あり
食事のみ
寝具のみ
食事のみ